人気ブログランキング |
ブログトップ
抜け殻・・その2
朝食の後、シンクにたまった器や小皿、グラスなどを片付ける。
朝一の食事からシンクの底が見えないほどの量なのは、毎日のことで。
慣れると結構あっというまに片付く。
洗剤でアワアワになった器の数が増えると、シルバー色の底が見えてくる。
いつもなら。

“ひゃあっ・・・・”

思わず、声をあげた。
そこには、茶色い羽をつけた親指の長さのムシが・・・・。
シンクの底に。

蝉がいた。

飛び立つ様子もなく、動く気配もなく。

怖い、そして少し気持ち悪い。
それ以上に、なんともやりきれない。
蝉は嫌いではない。
ミンミンと音を出す蝉。木に止まっている蝉。飛んでいる蝉。
蝉がしかるべき場所に生存していたり、あるいは時に死んでいたり。
それでも。本来の場所ならありえるだろうし、不思議な事ではない。
あってはいけない、ありえない場所にいるから、なんだか怖くなる。

うちに、どうやって入ったんだろう。
いつ、死んでしまったんだろう。

もしかしたら・・・・抜け殻の蝉???

考えれば考えるほど、わからない。
ごめんなさいっていう気持ちのまま、蝉を見えない場所へ・・・。

どうせなら、自然界の法則で生命の最後を迎えて欲しかったと思う。
わざわざ、人様が住む場所なんぞで・・・。

なんとも、申し訳ない。最期が、我が家なことが。
by taiyaki200 | 2006-12-18 14:52 | その他